離婚慰謝料 相場

そりゃ払いたくないよね

結婚生活が上手くいかないために離婚について考えることがあると言う人は少なくないことでしょう。 自分の側には離婚する理由がなく、相手の暴力や浮気などによって離婚となる場合には、相手に慰謝料を支払ってもらうことができます。 離婚の慰謝料とは、相手によって精神的もしくは肉体的な苦痛を受けた時に金銭で償ってもらうものです。 それでは、離婚に伴う慰謝料はどれくらいが相場なのでしょうか。

相場

俳優などの芸能人が離婚する時には、非常に高額の慰謝料を払ったとニュースで言っていたりします。 でも、それは通常の家庭ではほとんどない話しなので、稀に見るケースだと思ってください。 離婚の慰謝料に関して、何か基準があるわけではありません。

明確な金額設定はありませんが、離婚に至るまでの過程や過去の慰謝料データと照合して一般的な金額を計算することはできます。 その家庭によって事情はさまざまですから、算定された相場にみなが当てはまるとは限りません。 一般的な会社員の家庭ならば、100〜300万円くらいが妥当ではないでしょうか。 多く見積もっても400万円前後と考えておいてください。

責任能力

夫婦であった期間が長いほど、離婚の時に受け取る慰謝料も増額します。 なぜかというと、結婚していた年月の長さによって責任能力がどれほどなのかが変わるからです。 夫婦の間の話し合いがこじれてしまった時には、離婚の原因や結婚期間などを考えて、裁判官が判断します。 慰謝料の相場を把握するのも大事なことですが、一つの目安として考えましょう。

 
Copyright (C) 2010 下半身のダイエットは無理だ無理夫 All Rights Reserved.